車の事故に巻き込まれた時、自らが自動車の事故の被害者の場合でも、相手方が過ちを全く納得しないことは多く聞くことがあります。例として、わざと起こってしまったのではなく不注意で乗用車を当てられた状況などにそういう言い争いになってしまう状況があります。例えそうであっても現場で車のみの事故して片付けられ、時間が経過して異常が現れた時に診てもらった病院の証拠となる診断書提出するのでは遅れを取る事はしょうがなくなってしまいます。では事故の過失割合の取り決めにはどんな風な判定基準が決められているのでしょうか。しっかりと申しますと警察署が判断するのは、主として車の事故の責任が存在するのはどちらであるかということであって、割合というわけではありません。さらに、決められた事故の責任者が明確にされる事は状況はありません。このため、どちらに何割過失があるのかは両者のやり取りの結果によって明確にされその結果が事故の賠償のベースと判断されます。この場合に、関係者全員が任意で加入できる保険に加入していない時は双方が面と向って協議することしかできません。当然の事ですがそういう方法では、短絡的な言い合いになる場合が存在します。お互いの言い分に差があれば最悪の場合、裁判での争いにまではまり込む、これは時間と費用のかなりの無駄を避ける事ができません。そのため多くの状況で、互いの当事者に付く保険の会社、そのお互いの保険会社に協議を全て任せる手段を利用して、正しいどちらに何割過失があるのかを落ち着いて確定させるのです。この際には、保険会社は過去の交通事故の係争の判断から出された基準、判例集などをベースに仮定と交渉を活用して「過失割合」を出します。そうであっても車の事故の場合では不幸にも関わってしまったのか起こしてしまったのかには関係なく真っ先に110番に連絡するのが大切です。その後、保険会社にやり取りをして、これからの対応をお願いするのが手順になります。その順番さえ分かっていれば双方の無駄な協議となる事を未然に防止できるに違いないのです。